判断は全て自分です。ベースキャンプからは基本客観的な情報をもらうだけです。ただ、昨年の秋のエベレストは異常気象で悪天候が続き、帰国の日が迫り必要な高所順応が出来きない中でいきなり無酸素登っていくのは不可能だと出発した時にはベースキャンプも自分もわかっていました。しかし、わかっていても諦められない自分がいる。仲間の声はそれを納得するためのものであり、命令ではありません。全て答えは自分で出いるのです。行けばわかります。RT @ken5614 @kurikiyama 単独行登山と言うのに、アタック時にベースキャンプのスタッフに雪崩の判断、進退の判断をさせるのは何故でですか?生死をともなう判断は御自分でするべきではないでしょうか?登山と言うのは全て自己責任で行なうものだと自分は考えております。栗城さんの考えを返答下さい。

Reply · Report Post